「天竺画ショップ」はじまりました。

インドの両面太鼓 6選

インド音楽と言ったらタブラ、
と思われがちですが、
インドは楽器の宝庫であり
打楽器のバラエティも豊富です。

今回はその中でも
タブラの元になったとも言われる
両面太鼓を6種類、
ご紹介します。

画像ソース:ウィキ

インドのほとんどの打楽器に
共通する事として、
「ボール」や「コンナッコール」
などと呼ばれる
リズム言葉の存在があります。

タ、ティ、トン、ナム
タディギナトン
タゲナディナゲディナ
など

いわゆる口三味線ですが、
リズムの構成が非常に発達しているため
この言葉自体が一つの言語、
一つの音楽文化にまで
昇華されていると言っても
過言ではありません。

この言葉が
それぞれの楽器を用いる
歌曲や、舞踊にも
取り入れられたりしています。

今回はその詳細まで入る事はしませんが
この言葉を知っている人は、
太鼓の音が全てこの言語で聞こえてくるそうなので
そんな事もどこかで思い出しながら
聴いてみると、
より面白いかと思います。

ムルダンガム

画像ソース:ウィキ

現在一般的にムルダンガムと
呼ばれているのは
南インドの両面太鼓ですが、
言葉自体はとても古いサンスクリット語で
「ムリト(土)」+「アンガ(手足)」を意味し
(古代では陶製だった)
この言葉自体は北インドでも使われています。

神々の楽器でもあり
象頭の神様ガネーシャが叩いているのも
ムリダンガムです。

タミル語では「タンヌマイ」とも
呼ばれていました。

ジャックフルーツの木を
くり抜いて作られ
両面の皮はヤギ皮です。
また、両面を繋ぐ紐も
同じ皮から取られています。

大きい面と小さい面があり、
大きい方が低音を出します。

小さい方の面に貼られている
黒い部分は、
米粉と酸化鉄、そして澱粉が
混ぜ合わされたものです。
これが金属的な響きをもたらします。

〔古い映像ですが、往年の名手(神)パルガット・マニ・アイヤール〕

主に南インド古典音楽で
使われています。
ムルダンガムのリズム言葉が
他の打楽器を学ぶ時にも
使われているそうです。

パカーワジ

画像ソース:ウィキ

南インドのムリダンガムの
北インドの兄弟であり
現在は古典のドゥルパド音楽や
舞踊オリッシーの音楽などの
伴奏として使われています。

低い方の面には
小麦粉を水で捏ねたものが
演奏の前にその都度貼られ
これが独特な反響を
作り出します。

14世紀に当時の奏者たちが
様々に試行錯誤を重ね
その前には陶器だった胴を
木製にして使うようになり
その頃から
名前も「ムリダング(ムルダンガム)」
からパカーワジになりました。

〔巨匠シュリカーント・ミシュラ、ウスタッド・S・ダーガルの伴奏で〕

パカーワジを二つに分けたのが
タブラの始まりだったとも言われていますが、
タブラの起源については
様々な説があり、決め手となるものでは無いようです。

コール

画像ソース:ウィキ

コールKholはベンガル、オリッサ、アッサム、マニプールなど
インド東部〜東北部で
使われている両面太鼓です。

コールの胴は陶器で出来ていて、
ヤギもしくは牛の皮が張られています。
両面とも米粉と糊、そして鉄分を混ぜた
シャヒ(黒い丸)が
貼り付けられています。

大小の面も大きさの差がとても大きく
抜けるような高い音程が出ます。

〔名手ハレクリシュナ・ハルデール〕

ヒンドゥー教のヴィシュヌ派の
寺院などで広く伴奏に使用され、
ハレ・クリシュナの伴奏楽器としても
知られています。

ドール

〔パンジャーブのドール〕

「ドールDhol」と呼ばれる楽器は
一つでは無いようで、
主に民俗音楽で使われる
民衆的な両面太鼓が
全般的にドールと呼ばれています。

ドールは基本的には
二本のバチを使って
演奏されます。


〔アッサムのドール。ビフ舞踊の一部として〕

タヴィル

画像ソース:ウィキ

タヴィルはタミル・ナードゥ州の
寺院音楽で使われる
主に古都タンジャーヴールで
使われてきた両面太鼓です。

胴はジャックフルーツの木で作られ
大きい方の面には水牛の皮が、
小さい方の面にはヤギの皮が
何層か張られます。

大きい面の方が強く張られるため
小さい面よりもこちらの方が
高い音が出ます。

ナーダスワラムという管楽器と共に
主に演奏されます。
どちらも割と強烈に、爆音です。


〔ハリドワーラマンガラム〕

高音の大面は指で、
(親指には小麦粉でできたキャップを付ける)
小面はバチで演奏します。

マッダラム

画像ソース:ウィキ

南インドのケーララ州の
様々な民俗音楽、
カタカリの音楽などでも
使われる両面太鼓。

ジャックフルーツの木から
作られた胴に、
水牛などの皮が張られます。

音程の異なる両面を
キャップを付けた指で
叩きます。


〔チェルプラッシェーリ・シヴァン〕

***

まだまだ様々な打楽器が
ありますが、
ここでは割と知られている
大きめの両面太鼓を
ご紹介しました。

参照:
英語版ウィキの各項目 (Retrieved 18th October 2019)

更新情報や雑感など、SNSなしに知りたいという方はメルマガ登録をご検討ください。

メルマガと言っても、最初以外は月に1、2回ぐらいしか届きません。あと言うまでもないと思っていましたが無料です。

 

「日本的色彩でインドの世界観を描く」
天竺画のグッズを扱うオンラインショップが始まりました。

スマホケース、クリアファイルやエコバッグなど。インドの神様にまつわる話も載せています、ぜひ一度ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA