「天竺画ショップ」はじまりました。

個展を終えて

3月16日〜28日、
横浜・綱島の旅カフェ
POINTWEATHERにて
天竺画の個展をさせていただきました。

バウルと天竺。展示のご紹介

割と急に決まった話で、
出す作品も
本来は昨年の
中止となった個展で
出すはずだったもの。

ここで紹介してるものです)

つまり、一年は前の作品で
何とも、距離感が
分かるような
分からないような感じで

今までの個展の中では
設営も撤収も
一番短くできてしまったし

自分がずっといる必要もないから
間に空ける日も1週間近くあり

とにかくちょっと不思議な感じで
スタートをしたのですが

終わってみれば、
本当にやって良かったな
と思います。

Photo by Masahiko Teramoto

この個展の前後、
また期間中に
はっきりと流れが変わった、
あるいは新たな風が
吹き出した、
という感覚があります。

ずっといた訳ではないので
どなたがいらしてくださったのか
おそらく全員は把握していないのですが

(また、私の性質を反映してか
私を気にかけてくださる方々は、
来たからと言って「来たよ!」
と大っぴらに言っていくとも
限らない人が多いもので……
私もそういうタイプだから……
何なら本人がいない時を
狙っていく事もあるような……)

それでも、この機会に
お話しできて
画を見ていただけて
本当に良かったなということばかりです。

5月1日の公演も、
みゆきさんが個展にいらして下さった時に
一緒にやろうか、という
話になりました。

Photo by Masahiko Teramoto

POINTWEATHERは、
数年来存じ上げていましたが、
昨年からたまに
お世話になるようになって
仲良くしていただくようになりました。

ご存知の方も多いかと思いますが
店主の寺本さんは
大変フットワークの軽い旅人であり
写真家でもいらっしゃって
(この記事中で
使わせていただいている写真は
寺本さんが撮って下さったものです)

店内には、旅や写真に関する
本がぎっしりみっちり、
とは言っても
圧迫感がある
というほどではありません。

世界各地からやって来た
謎の物体もたくさん。

Photo by Masahiko Teramoto

この機会に「素敵なお店ですね」
とお知りになった方も
いらっしゃったようなので、
その意味でも、良かった。

今回、ふと気がついたのは、
私が、私の画を、どこか
恥ずかしいと思っていた
ということ。

誰が認めてくれなくても、
私だけは私の画に確信を
持っていると思っていたのに
実際は、そうではなかった
ということが、
地味に結構な衝撃でした。

幼い頃から描いてきた画だけは、
他の、後付けで学んだ
あらゆることとは違って
私の絶対的な基準がある
と思っていたけど

実際には、世間の基準に
合致するはずがない
という思い込みがあって、
そこに物凄い引け目を
感じていたということ。

それが分かったのは、
何かひとつの出来事というよりは、
思いがけず認めていただく
ことが多くて
ある時、ふ……と、
「あ」と、腑に落ちました。

Photo by Masahiko Teramoto

でも、それに気づいてから、
割と……というか、かなり
毎日楽しいんです。
その前からその傾向はあったのだけど
かなり弾みが付きました。
ちょうど花が咲き乱れる時期に
重なった事もあります。

本当に、機会を下さった
POINTWEATHER寺本さん、
いらして下さった皆さま
改めて、
ありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

新作は、できれば今年の後半に
また東京で展示できれば
と思います。

最終日、お店を出る前に、
スタッフ西川さんの
描かれた小さな絵たちを
そっと見せていただきました。

それがとても良い絵で
最後に宝物をいただいたような気持ちで
お店を後にしました。

更新情報や雑感など、SNSなしに知りたいという方はメルマガ登録をご検討ください。

メルマガと言っても、最初以外は月に1、2回ぐらいしか届きません。あと言うまでもないと思っていましたが無料です。

 

「日本的色彩でインドの世界観を描く」
天竺画のグッズを扱うオンラインショップが始まりました。

スマホケース、クリアファイルやエコバッグなど。インドの神様にまつわる話も載せています、ぜひ一度ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA