「天竺画ショップ」はじまりました。

旅の行者ヨセフのこと

「昼間でも、あるいは夜空が曇っている時でも、
星は存在して輝き、瞬いている。
そういう事を想うとき、僕は本当に幸せだと思うんだ」

緑に溢れるアシュラムで、虫の声がむせる程にあふれる、ある夜
ヨセフはこう語りました。

ヨセフは旅の行者[パリヴラジャク]で、
もう20年も家を持たずに旅を続けています。
私が彼と初めて会ったのは、もう5年程前にもなるでしょうか。
まだ弟子入りして間もなかった頃に、師匠の家にふらりとやって来ました。

それから、ヨセフによると3度、私達は会っているそうです。
(細かい回数はさっぱり覚えていない私です)
その度に、興味深いお話をしてくれましたが、今回は殊の外たくさん話す機会がありました。

ヨセフには師匠がいました。ケーララ州では高名な行者でした。
初めて師匠を目にした時、彼の存在に感動して
側で仕えたいとその場で願い出ました。
そして、その場で職場に電話をして、仕事を辞めたそうです。

それからヨセフが師匠の側にいられたのは、2年にも満たない間でした。
師匠が身罷られてから、悲しみに暮れていたヨセフでしたが、
ある時、インドを見て回ろうと思い立ちます。

世界中から多くの人がインドを訪れるのに、
自分はインドの事を全然知らない。

それからすぐに旅立って、インドじゅうを回りました。
旅立つ時に手にしていたのは1500ルピー。
旅から戻ってきた時、同じ1500ルピーがまだ手元にありました。

その時、信頼して進めば必ず道はひらけるのだと確信したのだそうです。

「多くの人は、聖典をありがたがっても
そこに書かれている事を本当には信じていないんだ。

バガヴァッド・ギーターでクリシュナは言っている。
『私を愛し、信頼して全てを捧げる人を、私は必ず面倒を見る』」

ヨセフは携帯電話を持っていません。
各地に友人がいて、彼らの家の近くに来る用事があれば、
誰かの電話を借りて電話をします。

ですから、今はやりのインターネットを駆使して旅をする、
という形とは全く違います。
彼の持ち物は、リュックと鞄に入っている僅かな物だけ。

両親の土地の一部を相続するという話があった時も、
考えた末に断ってしまいました。
断わった時、本当に自由になったと感じたそうです。

それではどのようにして、20年以上も旅の身空で生きているのか?
それは、この道を選んだ人にしか示されない、この世の秘密なのでしょう。

「師につくのは、火に触れるようなものだ」
ヨセフは語ります。
師が僕や君を必要としている訳ではないんだから。
そして、誰もかけがえがないという事が無い」

「私がいないと回らない。他の誰でも変えがきかない」
そんな幻想はすぐに打ち砕かれるのだから。

ヨセフは英語やヒンディー語、タミル語などもできましたので、
手紙の代筆係としてすぐに重要な立場になりました。
そのことで嫉妬などもされましたが、正直、鼻が高くなっていたそうです。

けれどもある日、突然師匠に出て行けと怒鳴られます。
混乱しながら荷物をまとめて出てきたものの、
最後に一度だけと、数日後に電話をしたら、今度は
「どこにいるんだ! 責任感というものが無いのか、すぐに戻って来い」
とまた怒られたそうです。

また混乱しながら戻って、その後、その事について表立って話す事はありませんでした。
「でも、それを通して師が何を伝えているのかを理解するって事なんだよ」

面と向かって尋ねた事はありませんが、
ヨセフという名前から、彼はおそらくキリスト教コミュニティの出身だと思います。

インドには、ポルトガル伝来のキリスト教だけでなく、
もっと昔からのシリア教会や、
イエスもしくはイエスの弟子の聖トーマが直接インドに宣教に来たとも伝えられており、
古くからのキリスト教徒が多くいます。

とはいえ、ヨセフの師匠はヒンドゥー教の伝統の人ですし、
彼は仏教施設にも多く出入りして、ダライ・ラマ法皇や
ベトナム人僧侶のティック・ナット・ハンの書籍などもよく読んでいるようです。

時々、このように魔法のような人に出会います。
実際に会うと、彼はおしゃべり好きで、特に環境問題や教育、健康などについては
話題が尽きる事がありません。

特に偉ぶるわけでも、賢ぶる訳でもないし、何も知らずに彼と会うと、
面白い文化人だな、
というぐらいにか思わないかもしれません。

しかしその人生を知ると、この世の秘密に触れたような感動があるのです。

余談ですが、健康に関心の高いヨセフは味噌に興味津々でした。
どうも、インドの一部ではスーパーフードとしての味噌が注目されているようで、
バンガロールでは物凄い高値で売られている、そうです。

更新情報や雑感など、SNSなしに知りたいという方はメルマガ登録をご検討ください。

メルマガと言っても、最初以外は月に1、2回ぐらいしか届きません。あと言うまでもないと思っていましたが無料です。

 

「日本的色彩でインドの世界観を描く」
天竺画のグッズを扱うオンラインショップが始まりました。

スマホケース、クリアファイルやエコバッグなど。インドの神様にまつわる話も載せています、ぜひ一度ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA