天竺画展オンライン、開催中。

オンライン・バウル祭のお知らせ

 

9月18日〜24日、インターネット上でバウル・メラ(お祭)が開催されます。

長引くロックダウンの影響で、
バウル行者たちも托鉢や公演などに
出かけられない日々が続き、
収入源がほぼ途絶えている状況です。

それで、あくまで特別の臨時措置ではありますが、
パルバティ・バウルによる企画・リードで
オンラインでのバウル・メラ今月18日〜24日に開催されます。

日本時間では20時からの開催で、
大変嬉しい事に、
日本人には見やすい時間です。

(でも録音も一定期間残りますので、
見逃す日があっても後で見られます!)

「もう半年も外に行く事ができなくなっているけど、
バウルを縛る事などできない。
心はいつでも飛び回り、
あらゆる所に旅して、
至高の存在に繋がっている」
と語るアノンドさんは19日。

アノンドさんは丁寧の人です。
ひとつひとつの動作に物凄く時間をかける。

熟練の名バウル達が
バウルのうたをうたうのはもちろん、
パルバティ・バウルとの会話を通して
バウルの世界についても語ります。
全て英語字幕が付きます。

寄付制ですので、登録自体は無料です。

登録はこちら

主なプラットフォームはFacebookですが、
アカウントが無い方は
こちらの登録フォームに氏名・メールアドレス登録して
登録後に届くメールに返信して、
I wish to participate in the festival but I do not have a Facebook account.
Please send the video links to my email. Thank you.

とか何とか書いていただければ
動画のurlが、期間中は毎日
送られてくるようになりますので、
興味ありそうな方がいらしたら
良かったら教えてあげてください。

(Facebookある方は、届くメールにある
リンクをクリックすれば、
Facebook特別グループへの参加申請ができます。
その際にメールに記載されているパスワード
忘れずに入力していただけると、
承認作業が確実に進みます)

登録しないと観られませんので、
そこのところご注意ください!

初日、18日の演者はロッコンさん。
私のドタラの先生でもあります。
とても歴史あるアカラの継承者で、
先代師匠シュディル・ゴシャイの養子でもあります。

幼い頃から歌が好きで、道端で歌って
駄賃をもらってジュースを買う…
などしているのを両親が見つけ、それ程好きなら…
と師匠の元へ連れて行ったそうです。

その師匠 故シュディル・ゴシャイに
暖かく抱きしめられながら、
もうどこにも行きたくない…と
幼いロッコンさんは思ったそうで、
そのまま弟子になり養子としてアカラを継ぎます。

私の師匠パルバティ・バウルとは十年来共演しています。
カビール・フェスティバルにも毎回出演、
素晴らしい歌い手です。
またロッコンさんはとにかく人柄が良いので皆に愛されています。

このメラの運営は
パルバティ・バウル門下を中心に、
全てボランティアで運営されています。

今回参加しているバウルは皆インドの
西ベンガル州のバウルですが、
集まったお布施(寄付金)は
西ベンガル州だけでなく
バングラデシュのご縁のあるバウルにも分配されます

寄付はインド国外からは
今のところPayPal送金のみですが、
その辺りよく分からないとか、
英語でやりとりしたくないという方は
パロミタにご連絡いただければ
代行や仲介します。
どんな少額でも大丈夫です。

でも繰り返しますが
イベント参加自体は無料ですので
まずはご参加下さいね〜

登録はこちら

女神の墓所・ターラーピートに住む
盲目の行者、カナイさんは21日。

これはサウンドチェックの様子ですが、
この時既に、カナイさんの歌声に
パルバティ・バウルが涙しています。

世代も文化も問わず魅了する
深海のような奥深さを持つ
特別な歌声です。

ジョイグル!

p.s.
登録するとFacebookの特別グループに招待されるのですが、
お友だちに教えていただける場合は
こちらのリンク[https://baulmelaonline.ck.page/0558c30faa] を教えてあげて下さい。
直接グループに招待されても承認されませんので、その旨ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です